投資信託

〜不労所得で生きる、50からのライフスタイル〜

こんにちは、ゆ〜みんです。

不労所得で生きていくのを夢見ています。

そして、50才からのライフスタイルを思い描いています。


不労所得で生きる

不労所得で生きていくことは、あたりまえですが、ある程度の資産があれば可能になります。

50才からのライフスタイル

そして、子育ての終わりがだんだんと見え始めてくる50才頃からが、ライフスタイルを見直す時期かなぁと思っています。

資産は作れる!

「ある程度の資産を作る」となると、皆さん引いてしまうかもしれません。

けど、私もたった3年前から始めたばかりです。ちょうど、47才からですね。

その頃は教育資金として貯めた貯金が、600万円くらいしかなかったと思います。それを投資信託で運用し始めたのです。

毎月入る配当金を貯めては、追加投資していきました。そして、コツコツ続けてきたというわけです。

不労所得をいかに増やすか。我が家の不労所得とそのやり方を大公開!こんにちは、ゆ〜みんです。 最近、よく言われている不労所得ですが、イケダハヤトさんも、「不労所得をどんどん増やしていくべき」とおっ...

資産作りと共に、使わないライフスタイルを

資産作りとセットで大切なのが、お金を使わないようなライフスタイルです。

いくら資産を作ろうとしても、日々のお金の使い方が大きければ、資産に回せる資金も少なくなりますからね。

日々のお金の管理、月ごと、1年毎の出費計画が、とても大切だと思っています!

また、ミニマリストになってしまう、というのも1つの手ですよね。

私も3年前からミニマリストになって、ものが少ない生活を心がけています。なので、使わないライフスタイルにするには、ちょうどよかったようです。

毎日つけても赤字になる「家計簿」。その脱出方法は?こんにちは、ゆ〜みんです。 今回は、「赤字家計簿からの脱出方法」について、書いています。 なぜか赤字? 「家計簿をつけ...

子育て中にお金がかかるのは割り切る

けど、子育て中は何かとお金がかかりますよね。

うちの場合も、投資に回そうと思ってもなかなかうまくいかず、投資計画も停滞しつつという感じでした。

そんな中でも、少しでも投資しようと、頑張ってきたつもりです。

また、子育て中は、ある程度の出費は仕方ない、と割り切ることも大切ですよね。かかる出費はかかるんですから。

子育て終盤からのライフスタイル

でも、やがては子育てから解放されていきます。

なので、「その先のライフスタイルを見据えていくこと」が重要になってきます!

子育て後は、今度は自分主体の人生です。そんな「まばゆい時期」を、楽しく健康で生きていきたいじゃないですか?

そのためにも、ストレスだらけの生活はやめて、自分がのびのびと楽しめる環境を作っていきましょう。

私はそんな環境を得るためにも、不労所得はとても大切だと思っています!

まとめ

ということで、以上です。

私はこれから、そんなライフスタイルを目指します。

この記事を読んでくださった皆さんも、自分なりのライフスタイルを思い描いて、突き進んでいってくださればと思っています。

読んでくださり、ありがとうございました。

「投資信託の配当金だけで、生活する術」を解説!【3つの理由】こんにちは、ゆ〜みんです。 配当金だけで生きることを目指し、今までがんばってきました! そして、だんだんとその夢が、現実に近...