食事、健康

骨の健康チェックやってみました!【一度はやる価値あり】

こんにちは、ゆ〜みんです。

今日は外出先にて、骨の健康チェックをやっていたので、体験してみることにしました!

骨は50代からは、とくに気をつけていきたいカテゴリーの1つです。

では、早速そのやってもらった結果の報告から…


骨ウェーブ結果は「B」でまあまあ

なんと判定はBで、正常範囲内ということでした。

私はとくに運動もしてないので、骨密度はそんなに高くないよう。運動してる人は、Aクラスの判定になるそうです!

 

けど、今後10年の暮らしぶりで、骨量は減りやすくなっていくとのこと。
50歳の今から、運動、食生活、日光浴を意識するよう勧められたのでした!

ちなみに、このイベントの目的は、カルシウム強化の乳製品を販売するためのものでした。

 

骨波形指標を測定する測定器

イベントで使われていた骨波形指標の測定器は、上のようなものです。

何しろ、100万円以上するもののよう。

一般人が手に入れるのはちょっと難しいと思うので、今回のようなイベントや、病院なんかで検査したほうが安上がりだと思います。

 

ちなみに、上と同じものではありませんが、こんな商品が売られていましたよ。↓

 

50代からは骨の健康に気をつけたい

骨量は20歳までにどんどん増えていき、それ以降は少しずつ減っていくようです。
そして、更年期を迎える50代からは、その低下も著しいようですね。

なので、更年期以降には、骨粗鬆症など骨の疾患に気をつける必要があります!

 

やっと子育てがひと段落して、自分の人生が送れるようになったのに、健康が危ぶまれるのは不甲斐なもの…

けど、骨量が低下しないように努力していけば、その速度も遅くなっていくのです。

私もそうですが、同じ年代の方は、心して骨量保持に努めたいものですよね。