投資信託

【資産作り】もらったボーナスで何をするかが、今後の分かれ道ですよ。

こんにちは、ゆ〜みんです。

今どきは、ボーナスの時期ですよね。

サラリーマンにとっては、年2回のボーナスが「1番うれしい!」といっても過言ではないでしょう。

そして、このボーナスで何をするかが、今後の分かれ道ともいえますよ!


ボーナスで何をするか?

このご時世、年金も破綻するといってるほどです。

そんな中で、年2回のボーナスは、ズバリ「資産運用に回すべき!」です。

「他につかいた〜い!」とか思ってませんか?

でも、実際には、資産運用に回してる人は、そんなに多くないかもしれません。

だって、「いろんなことに使いたいから… 」とかですよね。

せっかくの大きな収入ですから、あれを買おうとか、旅行へ行こうとか、あるいは、教育費に回すだけで終わってしまうかもしれません。

けど、ふだんの収入以外に入る「ボーナス」こそが、資産をふやしていく種金になるんですよ。

まるまる資産運用に回せば、リターンで戻ってくる

「じゃあ、ボーナスの一部を資産運用に回すよ!」と、ここであなたは思うかもしれません。

それはそれで、いいと思います。

でも、私の場合は「ほぼ全額、資産運用へ回す」です。

というのも、私が資産運用してるのは、毎月分配型の投資信託だからなんです。毎月分配型だと、投資したその翌月から、分配金がもらえるんですね。

(そのファンドの閉め日にもよるので、そこは確認しましょう。)

なので、ほぼ全額投資に回したとしても、翌月からリターンが戻ってくるというわけなのです。

でもこれは、毎月分配型のファンドを選んだ場合にかぎります。

分配金が年に1度や、2度のファンドでは、そうはいかないので。

毎月分配型をおすすめする理由

毎月分配型の投資信託では、年に1回とかではなく、毎月ごとに投資者へ収益を配分してくれます。

なので、毎月収入が欲しいという人や、目に見えて収益が確認したいという人には、とても向いています。

私もその一人で、目に見えて毎月収益が入ってくるのを、とても楽しみにしています。

それに、「この月にはいくら必要」とか分かっていれば、年間で計画を立てて、分配金をそれらの必要経費に回すこともできます。

私はいつも、そんな風にして、配当金で必要経費に当てるようにしています!

≫資産を増やしたいなら、確実に得られる「毎月分配型・投資信託」がおすすめ。

毎月分配型は、効率が悪くない?

よく一般世間で言われてるのは、「毎月分配型は損だからやめよう」ということです。

私も、「え〜、そうなの?」と思っていましたが、3年間やってきて思うのは、投資するファンドによる!ということです。

銀行で勧められる「毎月分配型」には気をつけよう

よく初心者が、銀行なんかで勧められてしまうファンドは、はっきりいってよくありません。

私もホント初心者で、銀行へ相談に行って勧められたファンドに投資しましたが、銀行員の思うがままでした…

おまけに、高い手数料があたりまえだと思って、支払う始末。その後ファンドの成績は、始めた頃よりしだいに落ちていきました。

分配金も、100円から、70円、ついには35円というありさまでしたね。(以下の記事で詳しく書いています↓)

≫不労所得をいかに増やすか。我が家の不労所得とそのやり方を大公開!

成績が安定した「毎月分配型」ファンドを選ぼう

というように、毎月分配型のファンドといっても、損をするようなものもあるということです。

でも、そのファンドを解約してからは、新たにさがして、また違う毎月分配型のファンドに投資することにしました。

今のファンドは、成績も安定してて、あと数年は大丈夫そうと見込んでいます!

≫毎月の収入が必要な人向け「毎月分配型」投資信託。今はフィデリティ ・Jリートに!

毎月利益を確定した方が確実に利益を得られる

また、私が思うには、年に1度や2度の配当金よりも、毎月ごとの配当金で収益を確定していってくれたほうが、確実に収益を得られるんじゃないか、ということです。

ファンドの基準価格というのは、日々変動していきます。

それこそ、今日は基準価格が上がって資産がふえた!と思えば、その翌日には基準価格が下がって、資産が減った、となります。

そんな風に、基準価格の上下によって、投資している資産も上下してしまうのです。

ということは、資産が安定しないということですよね。

けど、配当金というには、確実に投資した金額に対して、得られる収益です。それが、毎月になるのか、年に1度か2度かというだけの違い。

でも、毎月利益が確定されてもらえるのと、年に1度か2度確定されてもらえるのとでは、確定する回数が大きく違います。

ならば、毎月、利益を確定してもらった方が安心だし、確実に利益が増えていくと私は思っています。

ということで、毎月分配型のファンドで、私は資産運用をしているのです!

種金は「雪だるま式」に大きくなる

投資したボーナスの資金(種金)は、最初は投資するのが寂しいような気がします。

でも、それがやがて大きな資産となっていきます。毎月分配型なら、それがさらにはっきりとわかるはずです。

さらに、毎月もらう分配金がいくらかまとまった金額になったら、追加で投資するのもいいですし、配当金を使う予定がなければ、再投資型にして、毎月でた配当金を、そのまま自動で追加投資する形をとってもいいですよね。

≫【投資信託】毎月分配型より再投資型のほうが、ストレスなく資産を増やしていける。

 

とにかく、配当金を少しでも追加投資に回していけば、新たに投資する資金もいらないというわけです。

なので、ボーナスのようなまとまった収入を、「どう使うのかが今後の分かれ道になる!」ということが私は言いたかったのでした。

まとめ

ということで、以上です。

長くなりましたが、少しでも資産を増やしたいと思ってる人は、ぜひ投資信託をやってみるといいと思いますよ。

ちなみに、うちでは、この夏のボーナスはすべて投資に回しています。^^