節約

【ドリンク代の節約】外出先では、甘くない水、お茶、炭酸水がベスト!

こんにちは、ゆ〜みんです。

ドリンク代の節約って、マイボトルが一般的ですが、実際には持ち運びが重いです。けど、のどが渇けば、飲みたいですよね。

そこで提案!こうしたらどうでしょうか?


甘くない飲料水にする

のどの渇きには、水やお茶、甘味がない炭酸水が1番です

水分だけなので、のどの渇きを癒してくれる

甘味がない飲料水は、純粋に体に浸透していきます。

なので、500ccくらい飲めば、十分に水分補給になってくれることでしょう。

一方で、甘味のある飲料水は、のどの渇きを一時的には解消してくれますが、そのあと、さらにのどの乾きを訴えます

砂糖や、果糖をとることで、体内でそれらを薄めようとするのです。

余分に買うことなく、1本で満足できる

結果的に、甘くない飲料水を飲むことで、さらに買い足すということが、少なくなります。

実際に、最近ハイキングで、甘味のある飲料水を飲んだのですが、そのあともう1本欲しくなり、買ってしまいましたからね。

娘と2人だったので、結局、2倍お金がかかったということです

日々の積み重ねが、大きな出費に

「ドリンク代なんて、何ケチケチいってるの?」

そう言われてしまうかもしれませんが、日々のちょっとした積み重ねが、大事だと思っています。

数百円が、月で数千円になり、1年で数万円になることも考えられます

また、小さな節約ができる人は、お金の流出を防げる人です。その後の人生で、大きな資産を持てるようになります。

そう、私は確信して、日々節約を心がけています。

まとめ

ということで、以上です。

よく「甘い罠」といいますが、飲料水においても、それが言えそうですね。

⭐︎暑い夏には、やはり麦茶がいいですね。私は毎日作りおきして、飲んでいます!