節約

家の食品ロスをなくして無駄買いを防ぐ。我が家のポイントは2つ。

こんにちは、ゆ〜みんです。

今、問題となっている「食品ロス」。

日本でも、たくさんの食品が、毎日のように捨てられています。

でも、そんな風に食品を捨てるということは、つまり、それらの食品を買うために支払ったお金を、捨てているということになるのです。


食品ロスはお金の垂れ流し

けれど、そうしたことに、消費者はあまりに無頓着です。

買うだけ買って、冷蔵庫や食品棚にいっぱい押し込むように入れ、まだ食べきれていないうちに新しいものを補充しようとします。

そんな繰り返しが、食品ロスにつながっているのです。

 

でも、そんなことをしていたら、せっかく稼いだお金を、垂れ流しているようなものです。

そうして、お金がないとか稼がなきゃいけない、と言ってる人がいるのですから、おかしいですよね。

なので、お金が足りないと言う前に、まず食費を無駄にしていないかを、見直す必要があると思うのです!

けど、「そんなこと、偉そうに言って!」と思われそうですが、うちの場合、食費が半端なくかかっているので、本当に食品を大切にしていかなければならない状況なのです。

うちの食費はかなり多い

ちなみに、うちの1ヶ月の食費は、以下のとおりです。

・お米代     約12,500円
・その他の食費  約73,000円

【計:85,500円ほど】

家族は、食べ盛りの娘3人(大学、高校、中学)と、大食感の夫と私の5人です。

この5人が毎日食事をするのですから、結構かかるのは当然ですよね。

 

でも、基本うちでは、おやつや嗜好品の食べ物というのは、自分で買ってもらっています。

もう、娘2人も大きいので、それぞれガッツリとバイトをしてますから。

また、下の娘はそんなに欲しがらないので、本当に時々買う程度です。それも、お小遣いがあれば、そちらで買うようにしてくれます。

夫も、たまーにビールが飲みたければ、お小遣いで買ったり、ランチが食べたい時は一人ランチに出かけていきます。

 

そんな風に、おやつや嗜好品を除いても、食費が結構かかるのです。

なので、全てをまかなっていたら、一体どれだけの食費がかかるのか?考えただけでも恐ろしくなってきます。

うちの無駄買いをしないポイント(2つ)

さて、ここからは、うちでやっている「無駄買いをしないポイント」を解説します。

① 毎日、その日に使う分しか買わない

余計に買ったとしても、そうめん1袋や、本当に明日にでもなくなりそうな調味料くらいです。

② 買い物に行く前には、いつも常備しているものを確認して、以下のものだけを買う

・常備品で、なかったもの
・その日の昼食(私と家にいる家族の分)
・夕食のおかず

上のような感じで、無駄買いをしないよう、気をつけています!

まとめ

ということで、うちの ”食品ロスをしないポイント”について書いてみました。

でも、必要な食品を買うことは大切です。あまりケチってしまっても、家族がひもじい思いをするだけですからね。

なので、その家庭に合った方法で、食品ロスにしない工夫をしていけれるといいですよね。