投資信託

不労所得をいかに増やすか。我が家の不労所得とそのやり方を大公開!

こんにちは、ゆ〜みんです。

最近、よく言われている不労所得ですが、イケダハヤトさんも、「不労所得をどんどん増やしていくべき」とおっしゃっています。

そんな彼は、もうすでに毎月100万くらいの不労所得があるのだとか。さすが、すごいですよね。

でも、実は、うちもイケダハヤト さんほどまでは及びませんが、しっかりと不労所得を得ているのです。

そこで、今回は、この記事で公開したいと思います!

長文(3,700文字)になりますが、よかったらどうぞご覧ください。


かかる子供の教育費

うちには、今、公立の大学生、私立の通信の高校生、市立の中学生がいます。

その中でも、1番お金がかかるのが大学の授業料(年間621,000円)。そして、次に私立の通信制高校のサポート料金(年間267,600円)など。

また、そればかりではなく、大学に通う交通費(11,200円)やランチ代(9,500円くらい)も毎月かかってきます。

でも、これが、まだ下にも続いていくので、大学が被ってくる年もでてきます。そうなると、教育費でアップアップになってしまいそうです。

なので、そんな家計のためにも、私はちょうど2年前から、不労所得を得られるように始めたことがあります

それが、投資信託です。

我が家の投資信託の現状

引用:www.fidelity.co.jp

私がやっている投資信託は、海外のREETで「フィデリティUSリートB」という商品です。

最初は、地元の銀行で相談してやり始めました。投資に使ったお金は、それまで貯金していた700万円。

それを、NISAで120万円、それ以外の580万円をふつうの投資信託につぎ込みました。

投資信託をする場合、分配金が毎月もらえるものと、分配金はでずに、そのまま投資金として積み上げられていくものがあります。(再投資)

本当は、その後者の方がお得なようなのですが、人気があるのは、毎月分配金が出るタイプだとか。

私も、その方がよかったので、毎月分配金タイプの方にしました。

それで、結局、今いくら投資をしているかというと、2年経って、ズバリ16,078,000円になります。

そして、その分配金が、毎月126,300円になっています。

つまり、その毎月の126,300円が、我が家の不労所得になっているわけなのです。

銀行は2つ利用

銀行は、2つ利用しています。

埼玉りそな銀行

引用:saitamaresona.co.jp

最初、投資信託のことが何もわからなかったため、埼玉りそな銀行で投資をし始めました。

けれど、その投資にかかる手数料が、毎回2.628…%弱と高く、100万円投資する場合には26,289円の手数料が発生してしまいます

そうなると、100万円の資金を投資しようとしても、手数料を引いて973,711円しか投資金になりません。

そこで、いろいろ調べていると、なんと、手数料がかからない銀行があることを知ったのです。

それが、2つ目の取引先である、スルガ銀行でした。

スルガ銀行

引用:surugabank.co.jp

スルガ銀行は、静岡県にある地元では大きい銀行ですが、そのスルガ銀行のネットの方から投資信託をすると、手数料がなんと無料になるのです。

なので、私はスルガ銀行のネット銀行の方も手続きをし、最初のへんの投資以降は、すべてスルガ銀行でやるようになりました。

ちなみに、入金や引き出しは、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行などのATMでできます。スルガ銀行が近くになくても大丈夫です。

また、投資する時は、もちろんですが全てネットからできます。

手数料無料の銀行がいい!

ということで、スルガ銀行で投資信託をするようになってからは、手数料の分の金額も投資できるので、本当に無駄がなくなりよかったと思っています。

なので、私がおすすめするのは、断然、手数料が無料な、スルガ銀行のようなところですね。

分配金の移り変わり

実は、私がフィデリティUSリートBで投資をし始めた頃は、分配金が1万口あたり毎月100円支払われていたので、実に今の3倍弱の金額でした。

けれど、その100円も、一昨年の11月には70円になり、昨年の11月には、ついに35円になってしまいました。

(画像:Morningstar)

分配金の下落

というのは、フィデリティの基準価格というのが、最初投資した時は4,817〜5,160円だったのが、最近では3,600円くらいまでに下がってきているのです。

そのため、フィデリティの分配金をたくさん出し続けることができず、70円、35円と下がっていったのでした。

そして、今のうちの分配金が、126,300円です。

このように、うちの分配金は大幅に下がってしまいましたが、それでも、今の不労所得の額を保っていられるのは、こつこつとお金を追加し、投資していった結果です。

波線を描く、基準価格

ちなみに、その分配金の35円というのが、また70円や100円に上がるかどうかということですが、投資信託には波があるようで、基準価格がぐっと下がってくるときもあれば、逆に上がっていくときもあるようです。

なので、今は下がっているときですが、これが数年後にはまたぐっと上がっていくようなのです。

そんな風に、上がったり下がったりの波線をえがいて、投資信託は動いていくものだと勉強をしました。

投資信託は、外国為替レートのようなもの

なにやら、株や国債などと、いろいろ関わり合いながら投資信託も動いていくようですね。

それは、外国為替レートのようなものです。

円安になったり、円高になったりと、そういった為替の影響も受けています。

とにかく、世界情勢や経済の動きなど、いろんなことが関係して、投資信託も動いているようです。

いずれ上がっていく分配金

話しを元に戻しますが、例えば今、35円の分配金ですが、それが70円になった場合には、毎月252,600円の分配金に値上がりします。

そして、さらに100円になった場合には、360,857円が、毎月入ることになるのです。

これは、私が投資信託をし始めた頃の割合です。(1万口あたり100円でした。)

今後、そのように上がっていくことは大いにあるでしょう。また、それが投資信託の動きになるからです。

今は毎月126,300円という不労所得ですが、それがいずれ、252,600円や360,857円になっていくときがくると考えています。

でも、その波が来る頃には、さらに投資金をもっと増やしていると思うので、上の分配金の額よりも多くなることは間違いありません。

投資をするチャンス

あと、大事なことが一つあります。

それは、今のフィデリティは分配金が35円と低くなってはいますが、基準価格も3,600円と非常に安くなっています。

ということは、逆に投資をするなら、今の方がチャンスだいうことです。

基準価格の下落

実は、私が始めに投資した頃は、基準価格が4,817〜5,160円でした。それが今では3,600円です。とても安い基準価格になっているのです。

そんな安い基準価格で、同じ100万円を投資した場合、基準価格5,000円では200口、3,600円では278口の投資ができます。

そして、分配金1万口あたりが35円なら、前者では毎月5,578円の分配金、後者では7,753円の分配金になります。(分配金には、20.315%の課税がかかるので、それを差し引いた金額です。)

☆以下にわかりやすく表にしました。↓

【100万円の投資、分配金35円の場合】

基準価格5,000円 200口/分配金5,578円
基準価格3,600円 278口/分配金7,753円

その差、毎月2,175円の分配金の違いになっています。

基準価格が安くなるといい点

つまり、基準価格が安ければ安いほど、同じ100万円でも、買える口数が多くなってくるのです。

そして、それが、毎月もらえる分配金の額にでてくるんですね。つまり、今は、投資をすべきチャンスだということです!

私はまさに、投資を始めた頃、為替やリートの価格を毎日見て、基準価格が少しでも下がらないかと思っていたほどです。

そのようにして、投資家たちは、基準価格がぐっと下がるのを待っているのです。

まとめ

ということで、以上です。
長文でしたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

また今後も、投資信託について書いていこうと思うので、楽しみにしていてくださいね。

それでは、また!

【その後】

2018年、秋のスルガ銀行の問題で、フィデリティの投資信託が買えなくなってしまいました。さらに、フィデリティUSリートBの、分配金の低下が目立ち、2019年の4月に売却しています。

その翌月、楽天証券に移動し、「フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」で、運用を始めています!

毎月の収入が必要な人向け「毎月分配型」投資信託。今はフィデリティ ・Jリートに!(画像:楽天証券) こんにちは、ゆ〜みんです。 今回は、「どうしても毎月の収入が足りなくて、さらに必要」という人向けの、「毎月分...