FXトレード

【悲報】 待つことができない人は、FXには向いてません。【私がそうでした】

こんにちは、ゆ〜みんです。

最近、FXを2週間ほど体験しました。そして、わかったことがあります。

それは、「待つことができない人は、FXには向かない」ということです。


FXは「待つこと」が重要

性格的なこともありますが、私はあまり待つのが苦手です。

なので、待つことが重要なFXは、私には向いていませんでした。

なぜ、待つことが重要なのか?

「FXで待つことが大切な理由」には、相場の動きに一喜一憂してはいけない、ということがあるからです。

ある為替レート(米ドル/円など)のところで、「買い」か「売り」に出した場合、そのあと為替レートが、自分の思った方に動いてくれれば、収益がみこめます。

でも、逆の方向へ動いてしまった場合は、損益がどんどん増えていってしまうのです。

ちなみに、為替レートは、波を描くようにして、上がったり下がったりを繰り返します。

そして、トレンドといって、「上昇傾向か、下降傾向」というような、相場のある一定の流れを作っています。

そういった中で、最初に買ったり売ったりした価格が、上下に変動して、数字が表示されるのです。これを見てるのが、冷や汗ものなんですね。

そして、収益が出てる場合なら、早い段階で利確(利益確定すること)してしまうと、もっと上がるだろう収益を、逃してしまうことになります。

また逆に、損益を出してる場合には、早い段階で利確してしまい、損益が最小限ですんだと思いきや、その後、プラスの方向へと為替レートが転じてしまうことだってあるのです。

と、そんな風に、為替レートは予想をくつがえして、動いていくもののようです。

なので、早い段階での判断だと、損をすることがあるので、待つことが重要、ということですね。

万人が予想することは不可能な動き

でもこれは、初心者の私だからわからない、というわけではなく、プロトレーダーだって読めない動きのよう。

なので、「万人が予想することは不可能な動き」とも、言えますね。

そんな為替レートの動きを、じっと待って、収益を利確していくというのが、このFXにおいては、とても重要のようなのです。

「気長に見守る」と、「損切りの決断」

私は、この2週間という間で、FXを体験してみて、その待つということが、非常に難しかったのでした。

ホントいろんな意味で、為替レートの動きを見守るというのは、気長でないとできませんね。

また、そればかりでもいいとは言えず、早く損切らないと、悲惨な結果になることだってあります。

そこらへんの、「気長に見守る、損切りの決断」などが、このFXでは非常に難しいところだと思っています。

まとめ

ということで、以上です。

とにかく、FXにおいては、「待てる」ということが基本ですね。

そこらへんを、自分の性格と掛け合わせて、考えてみて、「向き・不向き」を判断するといいかと思います。