FXトレード

【確実トレード】FXトレード方法 ① 損益と利食いの設定をして、利確まで待つのみ。

こんにちは、ゆ〜みんです。

2週間ほど、FXの貴重な体験をしました。

そこで、たった2Lot(2万通貨)の取引で、「6,000円の収益」を得られたトレード方法を紹介します。


2Lot(2万通貨)の取引でも、利益は出せます

資金が少なくて、「なかなかFXなんてできない!」と思っていましたが、そんなこともありませんでした。

2Lot(2万通貨)の取引で、6,000円という利益が出せるのです!

資金は10万円でもOK

私の場合、資産運用はしてるものの、FXに投資する資金はこわごわでした。

なので、よ〜く考えた末、10万円という額にしてみました。

でも、これは、私がリスクをとれる最大の資金です。これ以上は、リスクはとても負うことができません。

でも、10万円という資金でも、FXをすることは可能でした!

6.000円の収益を出した、トレード方法

さて、10万円という資金で、2Lot(2万通貨)のトレード方法です。(米ドル/円にて)

私はネットでググって、この方法を知ったのですが、勝敗はなんと50%とのこと。

つまり、2回トレードして、1回は勝つという確率。なので、6,000円稼いで、3,000円損するとして、その差3,000円は収益になるというものです。

この方法は、初心者向けであり、またプロでも使えるトレード方法とのこと。

さっそく、そのトレード方法をご紹介しますね。まとめると、以下のとおり。

①損益と利食いの比率を決める
②なんpipsにするか、決める
③トレード時に、損益と利食いの設定をする

①損益と利食いの比率を決める

まず比率を決めていきます。

理想的には、「損益:利食い=1:2」くらいがいいようです。

あまり利食いの方を大きくしても、利確できるかわからないので、ほどほどの設定の方がよさそうです。

②なんpipsにするか、決める

具体的に、なんpipsにするかは、「損益は15pips、利食いは30pips」がいいと思います。

私も色々やってみましたが、損益が10pipsでは、早く損切りされてしまいますし、20pipsでは、利食いの方を40pipsにしないといけなくなります。

利食い40pipsというのは、けっこう利確されづらい値でして、なかなか利確されず、日をまたいでもトレードが終わらない、ということもでてきます。

なので、損益は15pips、利食いは30pipsがちょうどいい、と自分的には思っています。

③トレード時に、損益と利食いの設定をする

為替レートを見て、「ここだ!」というレート場面で、買いや売りをしますが、その前に、あらかじめ、損切りと利確の値の設定準備をしておきます。

そうすれば、申し込みんでから、もたつくこともありませんね。

ちなみに、JFXなどのアプリや、パソコン画面では、損切りと利食いをあらかじめ設定しておけるので、とても便利ですよ。

≫JFX株式会社

JFX株式会社

このトレード方法のマイナス点

でも、このトレード方法にも、マイナス点があります。

それは、その利確までの時間が、長い時はとても長く、ハラハラドキドキしながら、待たなければならないからです。

それが、また待ち遠しくて仕方ないんですね。ちょこちょこ、メールを確認したり、チャートを見たりしてしまいます。

まぁ、プラスかマイナスかの、どちらかなんですけどね。

そして、設定した利確ラインまでになかなか届かない場合は、夜間まで持ち越すということも。

そんな日には、気になって、深夜2:00ころにチャートを見てしまう、ということもあるのです。

そんな風に、このトレード方法は、「気になって仕方がない」という人には、ちょっと不向きかもしれません。(私もそうでした

また、早い時間で勝負をつけたい、という人にも不向きですよね。なんせ、時間がかかる時は、ホントかかりますからね。

まとめ

ということで、以上です。

上記のトレード方法は、確実といえば、確実な方法です。

なぜなら、むやみやたらに、ちょこちょこトレードしまくって、損益を出しまくる、ということがないからです。

「初心者にもプロにも、万能な方法」とは、ホントよくわかります。

≫JFX株式会社

JFX株式会社