FXトレード

【悲報】FXでは、初心者は始めから不利です。その理由は?【悲しい現実】

こんにちは、ゆ〜みんです。

FXを2週間やってみて、わかったことを書いています。

それは、FXでは「初心者は始めから、不利すぎる!」ということです。


初心者トレーダーは、不利

資金が最初からたっぷりある人はいいですが、大抵は、そんなに資金がない人も多いはず。

私もその1人ですが、資金がないというのは、FXトレードをするには、とっても不利なんです。

不利な理由?

もうそれは、「買えるLot(ロット)数が少ない」ということですよね。

米ドル/円の場合、10万円で買えるLot数は、わずか2Lot。

この少ないLot数で、例えば10pipsの利確をした場合、収益は「1,000円×2Lotで、2,000円」となります。

これが、

100万円資金で、20Lotなら→2万円
1,000万円資金で200Lotなら→20万円

という収益になるのです。

いかがですか?『資金が大きいほど、収益を出すのに有利』ということが、わかりますよね?

つまり、少ない資金でトレードを始める初心者は、トレードで成功して資金が多いトレーダーより、かなり不利ということです。

プロトレーダーは、小さなpipsで利益を上げる

ということで、大きな資金があると、小さなpipsでも、大きな利益を上げることができます。

1,000万円単位で、トレードしているプロトレーダーは、ほんのわずかな為替レートの上下で、1日に何十回とトレードを繰り返しています。

それを、「スキャルピング」というのですが、彼らはスキャルピングを繰り返して、小さな値動きに多くのLot数をかけて、勝負しているのです。

勝負というか、トレンド(為替レートの方向性)を見ながら、予想を立ててトレードしているわけなんですね。

そんな彼らに比べたら、初心者トレーダーは、「大海に浮かぶ、小さな漁船」のようなもの。ちょっと、悲しくなってきますよね。

まとめ

ということで、以上です。

FXの世界は、多くのお金持ちトレーダーが、毎日にようにお金を動かしています。

そんな中で、初心者トレーダーが生き残るのは、ホント生易しいものではありません。

そこらへんを理解しながら、FX初心者は、トレードに挑戦していく方がいいと思っています。

私はFXを始めてから、そのことを知ることになりました。