FXトレード

【FXトレード】一度に「買い」と「売り」の発注(両建て)は、利益になりません。【失敗すみ】

こんにちは、ゆ〜みんです。

FXトレードを、2週間ほど経験してみました。

そんな中、トレードの勝敗は50%という数字を聞いて、「だったら発注時に買いと売りを同時にやれば、利益は半分は出るんじゃないか?」と思ったのでした。

そして、実際に何度かやってみました。結果は…


「両建て」は、利益にならない

結果は、利益をほとんど生むことは、ありませんでした。

利益にならない理由

ちなみに、買いと売り注文を同時にすることを「両建て」といいます。

けれど、この両建てをしたところで、自分の思うような為替ラインまで上昇するかは、なかなか難しいところです。

また、どちらかの注文の方にプラスの数字がでて、片方にはマイナスの数字がでてきます。

これらを眺めながら、チャートを見てるのは、なんかとても複雑な心境になりますね。

そして、結果は、あまりかんばしくないことがほとんど。自分がイメージしてたような「収益がちゃんと出る」という感じにはなりませんでした。

プロトレーダーでも「両建て」はあまりやらない

実は両建ては、よほどの戦略がない限り、あまり使われないようです。

プロトレーダーが、ちゃんとした読み、戦略があって使う方法だと。

ならば、初心者トレーダーが、やるべきでは当然ありませんよね。でも、浅はかだからこそ、初心者はこの両建てをやってしまうようなのです。(私みたいに…)

「両建て」はストレスを大きくする

両建てについて調べてみると、なんと1つのポジションを持つ時より、ストレスは大きくなるようです。

これは、私もやってみて感じたことですが、片方の含み損(マイナスになる数字)がどんどん大きくなるのを、指をくわえて見ているのは、非常につらいものです。

両建てで、よくある「ダークパターン」

では、具体的に、「両建て」でどのようなパターンになるのか、見てみましょう!

設定は、どちらも損益15pips、利食い30pipsです。

①ある為替レートの場面で、両建てにて、ポジションを2つ同時にとります。(買いと売り)

②やがて、どちらかのポジションが15pipsに近づいていきますが、そのうち、その数字に達して、ロストカットになります。(損益の確定ですね)

③あとは、残るもう一方のポジションが、設定した利食いのライン(30pipsなど)までいくのを待つだけとなります。

けど、これがまた、15pipsまで収益がでてたはずなのに、その後30pipsまで、なかなかたどり着きません。

また、それとは逆に、損益のほうへと傾いていきます。

④もうこうなってくると、「30pipsの利益が出せなくてもいいから、損益だけはこれ以上出したくない!」という気持ちが強くなります。

そして、30pipsの利益をあきらめ、例えば10pipsくらいの利益のところで、利確します。

…つまり、最初の戦略としては、損益15pipsで、利食い30pips、合わせて15pipsの収益を見込んでいたわけです。

それが、思うような動きにならず、損益15pips、利食い10pips、合わせてー5pipsの損益、という結果に。

でも、こういうことが、実際にはほとんどです。(上手くいくことも、もちろんあるでしょうが。)

結論:FXは単純なものではない

ということで、「両建て」という手法は、思ったほど上手くいくことはない、ということがお分かりになると思います!

でもこれが、初心者トレーダーの、単純な目線ですよね。私もしっかり、そうでした。

FXというのは、ほんと単純なものではないんですね。

ある意味、得体の知れない怪物かもしれません… (例えがちょっと、怖いですかね?)