FXトレード

【FX】むやみやたらのトレードは、損益しか生み出しませんよ。【経験から】

こんにちは、ゆ〜みんです。

FXトレードを経験して、わかったことを、初心者目線で書いています。


結論:むやみやたらのトレードは、無益どころか損益

FXトレードにおいて、戦略なき戦いは、ほぼ無益です。

というか、無益以上に損益です。

損益になる理由は?

よく、スキャルピングという、1日に何度もポジション(売り買いすること)をとってトレードをすることに、初心者トレーダーは憧れます。

私もそうでした。ポチポチやって、そして簡単に稼げるのなら、こんなに楽なことはないと。

けど、実はポチポチやるほど、損益はなぜか増えていくんですよね。

その理由は、「やたらむやみに、ポジションをとってしまう」から。

ポジションをとるには、戦略が必要

ポジションを取るには、毎回ちゃんとした根拠が必要です。

たとえば、トレンドが上昇方向だから、買いのポジションをとるとか、「サポートやレジスタンス」というラインをちゃんと乗り越えたから、買いまたは売りのポジションをとろうというように。

【参考】

サポートライン→支持線
レジスタンス→抵抗線

引用:hanamaru-fx.jp

根拠なきポジションは、意味なし

こういった、ちゃんとした根拠がないのに、適当にポジションをとっても、利益は生みだせません。

仮に、利益がでたとしても、それは偶然。続けて利益がでることは、まずないと言われています。

実際に、私もちゃんと根拠を持ってポジションを取っているのに、全然利益がでない時がありました。

そんな時こそ、「小さなpipsでもいいから、収益を上げたい!」と、やたらポジションをとってしまうのです。

でも、これが上記のように、損益ばかりになってしまうんですね。

トレンド、ブレイクの読みが大切

ということで、トレードをする上では、ポジションをとる際の「根拠」が大切、ということが、おわかりになったと思います。

・トレンドの方向性
・ブレイクの見極め

これら基本的なことが、とても重要なんですね。

ブレイク→サポートライン、レジスタンスラインを、突きぬけて動いていくこと

まとめ

…と、以上で、むやみやたらのトレードの無益さ(無謀さ)、について解説しました。

初心者トレーダーは、最初は資金を溶かす感覚も、分かりにくいかと思います。でも、やってるうちに、その痛みがひしひしと感じてくることでしょう。

そんな中で、しっかり1つ1つのトレードを行っていくことは、とても重要です!

皆さんには、失敗して欲しくないので、むやみやたらだけには、決して陥らないでくださいね。