節約

「IHクッキングヒーター」は電気代がかさむ!5日間試してみた結果を解説します。

こんにちは、ゆ〜みんです。

先日、以下の記事で、電気代節約のために、IHクッキングヒーターをいったんやめたことを書きました。

≫山梨の夏は暑かった!クーラーの電気代が日々上昇し、電気代の節約ができない…

そこで、その後の結果を紹介しますね。


結論:「IHクッキングヒーター」をやめるべき

この5日間ほど様子をみていましたが、やはりIHクッキングヒーターを使うと、格段に電気使用量があがります。

なので、基本、IHクッキングヒーターはやめた方がいいと断言します!(この夏だけでも)

電気消費量の推移

4日ほど、IH電気調理器を使わないようにして、その後使ったら、案の定2.1kwh消費電力が上がっていました。

IHクッキングヒーター、恐るべしですね。

7.5kwh→9.6kwh

 

🔽 7/24〜7/27は、7.5kwhくらい

🔽 7/28にIHを使ったところ、9.6kwhに!

どれくらい「IHクッキングヒーター」を使用したか?

上のグラフで、電気使用量のポップが出ているところ(7/28)は、IHクッキングヒーターを使った日です。

その4日ほど前は7.5kwhくらいが続いていました。

IHクッキングヒーターの使った頻度は、

・玄米をなべで炊飯:25分×2回
・味噌汁を作る:7分
・ほうれん草をゆでる:10分
・こんにゃくの煮物を作る:20分

【計:87分くらい】

上記のように、約90分ていど。

でも、これくらいの使用量でも、けっこう電気を消費してしまうようです。

自炊して調理したいですが、この電気代がかさむ夏には、遠慮したい調理家電だと思ってしまいます。

他にできる節電

私は他にも節電できるよう、トライしているものがあります。

・トイレ便座の保温や温水をやめる→ 暑い夏には、ふつうに不要ですよね。

・エアコンは基本1日つけっぱなしに→1時間ほどの外出なら、つけっぱなしで外出した方が節約になります!

・冷蔵庫内の温度は「弱」に→ ものを多く入れる時だけ「中」に、一時あげています。

以上のように、最近では、見直せる部分は努力するという感じですね。

「IHクッキングヒーター」を使わないための食生活

「じゃあ、加熱器具を使わないで、どんな食事をしたらいいの?」という疑問にぶちあたりますよね。

うちで今試してるのは、以下のものを摂取すること。

・フルーツ
・白菜の浅漬け
・緑葉野菜のスムージー
・ピーナッツ
・納豆
・厚揚げをそのまま
・焼き海苔をそのまま

上記のものなら、加熱調理しなくても、そのまま食べれますからね。

ちなみに、うちには電子レンジも、炊飯器もありません。

まとめ

ということで、以上になります。

もう結論は、電気消費量が多すぎる「夏」には、IHクッキングヒーターなんて使っちゃダメですね!

生で食べれるもの、そのまま買ってきて食べれるものにして、電気代を節約しましょう。