投資信託

【投資信託】おすすめネット証券会社「5選」を紹介。

引用:matsui.co.jp

こんにちは、ゆ〜みんです。

3年間、投資信託で資産作りをしてきました。

今回は、投資信託をする際に必要な、おすすめのネット証券について解説していきます。

その前に、私が投資をしている、ファンドの紹介からいきますね。


フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド

私はこの5月から、「フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」に投資しています。

このファンドは、毎月分配型か再投資型のどちらかが選べ、私の場合は「毎月分配型」です。でも時々、状況によって「再投資型」にもしています。

そして、このファンドを、ノーロード(手数料無料)で買える、ネット証券で買っています。

以下では、「フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」がノーロード で買えるネット証券を、紹介していきますね。

1. 松井証券

松井証券は、歴史が100年もある証券会社です。

堅実な運営で、しっかりとしたサポートをしてくれそうですよね。

 

🔽フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」の手数料など↓

2. マネックス証券

マネックス証券は、先進のサービスが充実した、サポートに安心が持てる証券会社のようです。

 

🔽フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」の手数料など↓

3. SBI証券

SBI証券は、ネット証券の口座開設数NO1の、大手のネット証券会社のようです。

 

🔽フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」の手数料など↓

4. フィデリティ証券

フィデリティ証券は、「フィデリティ・Jリート」のファンドを出している会社でもあります。

以前に投資していた「フィデリティ・USリートB」は、ノーロードではなかったんですが、「フィデリティ・Jリート」に関してはノーロード のようですね。

 

🔽フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」の手数料など↓

5. 楽天証券

楽天証券は、私が使っているネット証券です。

楽天銀行と連携してるので、とても使い勝手がいいですね。

 

🔽フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド」の手数料など↓

まとめ

ということで、5つのネット証券をご紹介しました。

どのネット証券会社でもいいと思いますが、まずはいろんな口座を開設してみて、そこから、使い勝手のよさそうな証券会社を選ぶのもいいと思いますよ。

松井証券
マネックス証券
SBI証券
フィデリティ証券
楽天証券