節約

なるべく買わない生活をするには?その方法「5つ」を紹介します。

こんにちは、ゆ〜みんです。

今回は、「なるべく買わない生活の方法」について、書いています。結論からいうと、これらの方法で、かなり節約できます!


家計簿のつけ方を変えて、食費減に

家計簿のつけ方を変えてから、「なるべく買わない生活」をするのが楽しくなってきました!→つけても赤字になる「家計簿」からの脱出

といっても、まだ今日で9日目ですが、毎日買うものについていろいろ検討し、無駄のない買い物になってきています。

なので、支出額が減ってきていて、このまま1ヶ月が過ぎるのがとっても楽しみです!

買う品目を減らす

とくに気をつけているのが、毎日の食費と日用品。

今までは必要だといって、けっこう買う品目も多くありました。

でも、家計簿のつけ方を変えてからは、その種類も減らし、かつ見方を変えて、代わりのもので安く済ませられないか?ということも考えるようになりました。

移し替えられる商品にする

あと、移し替えられる商品を買えば、お得に。

例えば、味噌なんかは、容器に移し替えられる袋入りのものが「97円」で購入できます。ふつうに買ってしまうと、198〜298円はしますからね。

かなり安く済ませられますよ。

どうしても必要か、疑問を持つ

また、「どうしても必要なのか?という疑問を持つ」ということも、やってみています。

例えば「ごま」なんかも、今までは当然のように常備していて、ご飯や蕎麦などにかけていましたが、うちは消費量が多いのですぐになくなってしまうんです。

でも、別になくてもいいかなと思って、ここ1週間は買わずに様子をみているところ。このままなくてもよさそうなら、常備品からなくそうかと思います!

その後、やはりなくても済みそうなので、「ごま」は買わなくなりました。

プラスティック皿を使う

さらに、紙皿を使って洗い物を減らす試みをしていたのですが、なるべく買わない生活にシフトを持ってきたので、これも中止にしてしまいました。

その代わりに、今まで使っていた陶器の茶碗や皿などはやめて、軽くてレンジ対応の「プラスティック皿」を採用。

2,160円ほど出費はしましたが、これで、月々5,500円ほどの節約になる予定です!(割り箸と紙コップは継続しますが。)

洗い物を減らす手段として、紙皿生活をしていました。それを陶器の食器にもどすと、また洗い物が大変なので、積み重ねがきれいにできて、色が統一でき、軽い、プラ皿にしたというわけです。

キレイに重ねられる「プラ皿」は、シンクの中でも邪魔にならずいいですね!こんにちは、ゆ〜みんです。 今回は、家事を快適にするために始めた、「プラ皿生活」について、書いています。 プラ皿生活 ...

 

ということで、これからも、この「なるべく買わない生活」を続けていくつもりです。