クレカ

主婦やフリーランスだとクレジットカードが作れない?6つの会社にチャレンジして見た結果。

こんにちは、ゆ〜みんです。

今年の6月から、完全フリーランス状態です。

今回は、「フリーランスでもクレジットカードが作れるかどうか?」を試した結果をシェアします!


結論:半分が作れなかった

クレジットカードを申し込んだ数は、6つ。

そのうち半分の会社では、却下されてしまいました。

作れたカード

楽天カード

ライフカード

三井住友VISAクラシックカード

作れなかったカード

リクルートカード

・セブンカードプラス

・ENEOSカード

申し込みが通ったと思われる理由

カードが作れた会社は3つありましたが、まず楽天カードについては、私が楽天証券で投資信託をやっていることと、楽天銀行を利用していることで、すんなり通ったのだと思います。

そりゃそうですよね。こつこつ投資金を預けているんですから。

ライフカード三井住友VISAクラシックカードについては、年収部分で、配当金とある程度の資産が、受け入れられた理由かと思います。

また、夫の年収に関しても、考慮されたのかもしれません。

 

審査の速度では、ライフカードは、すんなり早く審査が通りました。

それに比べ、三井住友VISAカードの方は、けっこうな日数を要していましたね。綿密に調べているせいか、1週間以上はかかった感じです。

でも、三井住友カードが無事に通過できたので、自分のような主婦でも通るんだなって、少しうれしかったですね!

却下されたと思われる理由

3つの会社で却下された理由として、そもそも私は今、主婦で無職なので、それが1番の理由でしょう。

パートの仕事は、ここ4年半ほどやっていたので、その間にはクレジットカードはちゃんと作れていました。

例えば、

エポスカード
コクーンカード
パルコカード

は、今年3月に作ったものです。

パートでも、何ら問題なく作れていました!

それが、専業主婦になった途端に、却下されてしまったのです。夫の年収もちゃんとありますし、投資信託の配当金や資産もある程度はあります。

なのに、却下されるとは…

結局、現在の「雇用されての収入があるかどうか」が、決め手なんだとわかりました。

 

また、カード会社によっては、主婦と回答した時点で、却下もありました。

雇用があるうちにカードは作った方がいい

ということでまとめると、クレジットカードを作るのは、やはりパートやフルタイムで雇用されているうちに作るのがベスト!ということになります。

カード会社は、確実性のある収入を信頼するので、会社に所属しているうちにクレジットカードは作っておきましょう!

それにしても、ライフカード三井住友VISAクラシックカード楽天カード、は作れてホントよかったです。

そして、審査に落ちるのは、かなり虚しさが残りますね…

節約に欠かせない「クレジットカード」4枚。 【海外旅行にも有利】こんにちは、ゆ〜みんです。 今回は、私も持っているクレジットカードで、おすすめの4枚を紹介しますね。 また、いずれは「海外に...