食事、健康

食事の回数を減らすと、食費の節約と健康に。

こんにちは、ゆ〜みんです。

人が食事をすることは、生きていく上では必要不可欠なことです。

けど、現代のように3食たべるのは、どうかと思います。

それは、3食たべることで、カロリーオーバーになりやすいですし、しかも、現代人はあまり体を動かさないからです。

ちなみに、私は食べても2食で、ほとんどが1食のみ


食事の回数はそんなにいらない

日本では、生まれた時から、3食の食事が当たり前です。

私も、例外なく3食で育ってきて、その後もずっと3食の生活でした。

けれど、40代に入って体調をかなり壊した時には、食事の今までの概念をくつがえされることになります。

 

というのは、食事はそんなに毎食、食べる必要がないようなのです。

今の日本はとても豊かです。カロリーや栄養豊富な食べ物が、お金を出せばいくらでも食べれるようになっています。

でもそのせいで、昔に比べて肥満や成人病が増えているのです。

それは、昔の日本ではありえなかった食事ができるようになってきたためです。そして、体を動かさない生活が原因にあります。

 

そんな風に、動かなくなってきたのに、食べ物は飽和状態にあるというアンバランスが、以前になかった病気を増やしているのです。

なので今の日本においては、いかに食事の回数を減らすかの方が、重要になってくるのです。

食べるものを決めておく

食事でいつも何を食べるかを決めておくと、時間の節約と無駄買いを防ぎます。

私は、毎日買い物に行くようにしていますが、自分の食べ物はいつもだいたい一定しているので、何を食べようかと考えることがありません。

なので、買い物の時間もすぐに終わってしまいます。

 

ただ、家族はそういうわけにはいかないので、いつも今日は何にしようかと、選択肢の中から選んでいます。

選択肢というのは、タンパク質系のおかずを買うならこれ、と決めているので、その中から選ぶ感じです。

あとは野菜や果物で、新鮮そうな旬なものを選ぶだけで終わります。

自分1人だったら、かなり早い買い物になると思いますが、家族がいるので、若干15分くらいはかかるでしょうか?

そんな風にして、家族の分はともかく、自分の分は食べるものを、いつも一定に決めているのです。

まとめ

食は楽しみでもありますが、深入りし過ぎてしまうと、欲望の沼に入り込んでしまいます。

なので、自分に合う適切な食べ物を選んで、食事の回数を減らし、1日のトータルが少なくなるように心がけたいものです。

それが、自分の健康を保つ上でも大切です。そして、余計な医療費もかからなくなってくるので、一石二鳥です!

食事の回数について、考えてみてみましょう!
以下の本は参考になりますよ▼