ミニマリスト思考

「自分で自分の機嫌をとる」… 。この言葉に、人生の含蓄を感じた話。

こんにちは、ゆ〜みんです。

いつも私は、末の娘と日常のちょっとしたことを話すのですが、今日はその娘に大変教わることがありました。

それが、自分で自分の機嫌をとるということ。

今回は、そのことについて書いていこうと思います。

 

いつも自分の感情を抑えきれずにイライラしている方、誰かに聞いてもらわないと気が済まない方には、とてもお勧めの内容です!

ゆ〜みん
ゆ〜みん
私にもマッチする内容…

「自分で自分の機嫌をとる」とは、自己コントロール力!

私は、娘が教えてくれた「自分で自分の機嫌をとる」という言葉を聞いて、自己コントロール力なんだなと思いました。

自己コントロール力があれば、逆に、不機嫌な感情をまき散らしたりすることもないでしょうから。

けど、それらはふつうに生きていたら、非常に難しいのだとも思えました。

「自分で自分の機嫌をとる」のが難しいワケ

人は、他人や物事によって、いろんな感情をわきおこして生きています。

それは、いい意味でも悪い意味でもです。
また、これらの感情によって、人は楽しんだり、逆に悲しむこともできる。

なので、感情を持つことは、決して良くないことではないのです!

 

しかし、負の感情が起こった際には、人はその感情を持て余します。

またその逆も、喜びや幸せという感情を、誰かと分かち合いたいと願うもの。

 

そんな風に、人は常に良くも悪くも、人と分かち合いたい生き物なのです。

そこらへんが、「自分の感情を自分で面倒見てあげられない」という原因になるのではないかと考えています。

でも「自分で自分の機嫌をとる」ことができたら、かっこいい!

けれど、自分で自分の機嫌をとれたら、非常にスマートな人間になったように感じませんか?

「人間として、かっこいい!」とも言えますよね。

なにせ、多くの人ができない、感情の自己コントロールができるわけですから。

これ以上に素晴らしい心の作業は、なかなかない!と私は思います!

「自分で自分の機嫌をとる」ためにしたいこと

じゃあ、どうやったら「自分で自分の機嫌をとれる」のか?

娘が言うには、

  • 一人で部屋にこもって時間を過ごす
  • 熱くなれる趣味に没頭する
  • 嫌なできごとを考えないようにする

だそうです。

そして、とにかく

  • 負の感情をあとになって思い出さないこと
  • わざわざ口に出して言わないこと

もポイントのよう。

 

娘には、ほんと教わることが多いです…

くま田さん
くま田さん
しっかり思考してる証拠だね

 

最初はできなくても、やってみよう!

「なんか、自分にはそんなことできるかな?」

と思う方もいらっしゃるでしょう。
(私もそのうちの一人)

けど、自分で自分の機嫌をとれるようになったら、素晴らしくないですか?

 

いちいち人に話す時間も節約できるし、人にも迷惑をかけない。
そして、ちょっと自分がいい人間になったようにも思える。

 

これだけメリットがあれば、挑戦してみる価値は十分にあると思います。

「自分で自分の機嫌をとる…」

この言葉に人生の含蓄を感じた方は、ぜひチャレンジされることを望んでいます!

ゆ〜みん
ゆ〜みん
私もやってみます