節約

【三井住友VISAクラッシックカード】年会費(1,350円)を無料にする方法を、サクッと解説!

引用:smbc-card.com

こんにちは、ゆ〜みんです。

近い将来、1度は海外に行ってみたいなぁ、と思っています。

そんな海外旅行に便利な「三井住友VISAクラシックカード」を最近作ったのですが、翌年度から年会費が発生するとのこと。

そこで、年会費が無料になる方法を調べたので、くわしく解説していきますね。

通常は年間、税込1,350円かかります。


「マイ・ペイすリボ」の限度額と毎月支払額を同額に

三井住友VISAクラッシックカードは、リボ払い「マイ・ペイすリボ」で、年に1回だけカードを利用すれば、年会費が無料になります。

でも、ふつうはリボ払いなんかにしたら、「○○パーセント」などと手数料がかかりますよね。(三井住友カードは15.0%)

なので、結局は余計なお金を支払うことに。

けど、マイ・ペイすリボで、クレジットカードの限度額とリボ払いでの毎月支払額が同じなら、リボ払いに設定しながらも一括払いなので、手数料がかからないというわけです。

以下が同じ額なら、一括払いになる!(リボ払いにならないので安心)

・クレジットカードの限度額
・リボ払いでの毎月支払額

マイ・ペイすリボでの毎月支払額を変更する

ここからは、マイ・ペイすリボの支払額を、カード利用枠と同じにする方法を、解説していきます。

ちなみに、カード利用枠(限度額)を10万円にしてる場合でやってみます。

まずは、パソコンで、三井住友カードのホーム画面を開きます。そして、ログインを。

①「リボ払い&キャッシング」→「リボ払いお支払い金額の変更」とクリック

 

②「増額を申し込む」をクリック。

 

③ずっと金額を変更するので、下側の項目にチェック。(上下の日付が違う場合は、どちらもやっておきましょう!)

 

④次の画面で、「最低お支払金額の変更」をクリック。

⑤「お申し込み内容」のところで、〇〇万円の〇〇に、クレジットカード限度額と同じ額(10万円なので「10」)を入れます。そして、確認ボタンを。

⑥ 確認画面になるので、「申し込む」をクリックします。

 

⑦申し込みはこれで完了です。毎月の設定額が10万円に変更されましたね。

年に1回カード利用を、忘れないように!

あとは、初年度のうちに、最低1回だけカードを使いましょうね。(100円だけでも)

これをしないと、翌年度に税込1,350円が、年会費としてかかってきてしまいます!忘れないように。

そして、毎年これを続けていく感じですね。

初年度とは?

ちなみに、初年度というのは、カードが発行された月から1年間をいいます。

例えば、カードが6月に発行されたら、その翌年の5月末までが初年度ということですね。

なので、翌年度の年会費が引かれないように、5月末までには1回以上、カードを使えばいいというわけです。

まとめ

ということで、以上になります。

三井住友VISAクラシックカードは、世界的にも、とても信用のあるカードです。

「年会費がかかるから、持つのはちょっと…」と思いがちですが、設定と年1回の利用だけで年会費無料になるので、持つのにはハードルが低いと思いますよ。

私も実は、けっこう悩みました。でも今は不安はありません!

≫三井住友VISAクラシックカード



節約に欠かせない「クレジットカード」4枚。 【海外旅行にも有利】こんにちは、ゆ〜みんです。 今回は、私も持っているクレジットカードで、おすすめの4枚を紹介しますね。 また、いずれは「海外に...