ミニマリスト思考

悩みで「生きるエネルギー」を奪われてる方へ。3つ方法で悩みから脱却しましょう。

こんにちは、ゆ〜みんです。

悩みは、「人が生きていくエネルギー」を奪います。

そうならないためにも、悩みに飲まれないようにしたいもの。

今回は、「悩みで生きるエネルギーを奪われてる方」へ向けて、書いています。

ちなみに、私もしょっちゅう悩みに飲まれそうになる方なので、以下の対処法を実践していますよ。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
試してみてね

 


1. 悩みがあることを、意識して忘れよう

悩みって、人によっては、いつまでも解決しないか、次から次へと沸き起こるものです。

でも、ほんの時々ですが、こういう方もいらっしゃいます。

「悩みなんてないよ!」っていう方。

はたからしたら、「そんなの嘘でしょ」って思うんですが、実はそういう人は、”悩まないようにする”という思考の持ち主。(きっと)

だから、何があっても悩みはできない。

悩みという、自分で作る「カテゴリー」が存在しないのです。

 

と、そんなふうに、悩みのカテゴリーを持たないようにするのも、悩みを作らない手ですよね。

 

また、それができない人は、悩みができたとしても、それを一刻も早く忘れること。

今、すごく悩んでたとしても、意識して忘れるようにするのです!

それは、一人の時間を作って歌いまくるとか、遠出して歩きまくるとか、映画を見てたくさん笑うか泣くようにするか、などと、自分がしたいことをすればOK。

けど、食べまくるというのは、太るだけなのでやめましょう!笑

 

もうとにかく、頭を切り替えられるようにすることですよね。
そして、その時間をすごしたら、もう今までの悩みについては考えないこと!

この習慣が、悩みを打ち消す、ちょっと強行的なやり方だと思っています。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
悩みはコントロールできますよ

 

2. 過去は振り返らないようにしよう

いくら上記の方法で、悩みをうっぱらったとしても、過去(昨日など)を振り返ってしまうと、また悩みを思い出すことも。

なので、過去は振り返らない!と決めましょう。

 

私たちが進むべきは、今日という日。また明日へとつながっていく時間を、生きていくのです!

過去なんかは、もう振り返っても、思い出しても何にもなりません。

ただ、経験値が残るだけのこと。

いい経験値は、今後の参考になるかもしれませんよね。でも、悩みを思い出させるような経験値は、捨てるべきもの。

触ったり、見ないように、一切ふり返らないないのがベストです!

くま田さん
くま田さん
よくない経験値は捨てよう

 

3. 人のことを考えたり、アドバイスしないようにしよう

悩みは、人がらみのことが多いもの。

それは、家族であったり、職場の人やお客さんだったりと、相手が存在するケースがほとんどです。

そんな、自分以外の相手のことを考えたり、またアドバイスなんかをするのは、悩みを増大させます。

また、ややこしく、とけない紐みたいに、絡み合っていってしまう。

なので、基本的に、人のことは考えない、余計なおせっかいはしない方が得策ですよね。

 

「でもこれって、かなり冷たいんじゃないの?」

って思われるかもしれませんが、私はこれで、いつも悩みを増大させてしまっています。

まぁ、家族がらみのことですが、ホント人のことを考えれば考えるだけ、悩みが深くなっていくのです。

私は最近、それに懲りて、もうやめようと決心しました。

そして、悩みフリーな生き方をしようと思っています!

ゆ〜みん
ゆ〜みん
自分のことに集中しましょう

 

悩みはある意味、幻想なのかもしれません

最後に、悩みとは、ある意味 「幻想」だったりするのかもしれません。

自分が勝手に作り出している、概念のようなもの。
それが霧のように、頭にたれこんでしまうのではないでしょうか?

であるなら、そんな幻想みたいな悩みを、わざわざ作らなければいい。

そう考えられますよね?

 

また、そう考えることで、人生を楽しく謳歌していくことができるのです!

 

悩んでいる方には、

「悩みなんて幻想のようなもの、自分が作らなければいいんだ!」

…そう思って、生きていってほしいなぁと思います。

くま田さん
くま田さん
悩みは幻想なのかぁ