ミニマリストと仕事

【パート面接】②ナース編:ほぼその場で確定。資格はつよい!

こんにちは、ゆ〜みんです。

今まで、パート面接を受けてきて思うのは、専門分野の資格を持ってるならば、その分野で面接したほうが受かるということ。

私の場合は、正看護師の資格ですが、圧倒的に看護師の仕事の方が受かります!

逆に、店舗でのレジなどでは、受からないことが多くあります。

でも、ちょっとこれは、かなり傷つくんですけどね。
一般の仕事では、どうして受からないんだと。

けど、その反面で、看護師の仕事で受からなかったことはないので、「まぁこれでいいか」と、無理やり自分を納得させています。

そんなことはさておき、資格は強いですね。

今回は、ナースの資格を取り上げますが、どの資格にも通じること。
資格は持っておいた方がいいと思ったので、記事に書いていこうと思います!


ナース面接:その場で即確定がほぼ!

今まで私は、ナースの資格を活かした職場面接を、数多く経験してきました。

それは、進学のために病院を変えたり、結婚後パートで働いたりと、その都度状況が変わっていったからです。

なので、7カ所のナース面接を経験してきています。

そして思うのが、面接したその場で、即採用の結果をもらえるのがすごい!ということ。

1カ所だけは、結果が数日後に連絡されましたが(受かりました!)、残り6カ所では面接中に、「じゃあいつから来れますか?」というような感じです。

結婚後、ナースの仕事にブランクがあり、それ以外の面接に何カ所も行きましたが、そんなふうに即決してくれたところは、2カ所だけでした。

たいていが、あとで残念なお知らせを送ってきてくれるのです。

というように、ナース面接というのは、今思うに、すごい高確率で仕事が決まるんだなと思いました!

面接に資格は強い!

資格は看護師の資格にかぎらず、なんでも強いものですね。

ちなみに、薬剤師なんかは、昨日薬局の求人をみましたが、時給2,600円ですよ!
すごすぎますよね。

でも、なかなかとるのも大変でしょうし、教育費もバカにならない額です。その教育費を出してくれた親に、ほんと感謝ですよね。

他にも、医療事務の資格があれば、小さなクリニックで、気軽に働くこともできるでしょう。

歯科衛生士の資格を持っていれば、最近やたらと多い、歯科クリニックでの仕事も可能です。

もうほんと、どんな資格でもとっておけば、就職には有利すぎるほど有利です!

一般のパート面接に落ちまくった私には、資格が、生きてく命綱のように思えます。

(働き先がないと、死活問題ですからね。)

まとめ

ということで、以上になります。

でも、「なんで看護師の資格があるのに、それ以外の仕事をやろうと思うの?」と、よく言われますが(コンビニで半年働いてた時によく言われました)、先ほども言ったとおり、結婚して専業主婦の時代が19年もあったので、こわくて医療界へは就職できないと思っていたのです。

けど、1年ほど一般の仕事をしたあとに、どうしても稼がなきゃいけない状況になって、ナースのフルタイムをやることになりますが。

なので、結局ブランクが相当あったとしても、資格さえあれば、なんとか稼いでいける!と思ったのです。

【補足】ナースの資格は、准看護師からとることができます!

ちなみに、以前住んでた家の隣に越してきた女性は、中学生のお子さんが1人いる中、准看護師の資格をとって、病院に勤め始めたとおっしゃっていました。

理由は人それぞれですが、でも、経済的にある程度稼がないといけない人なんかは、「資格をとって働くという選択も、大いにありなのではないか?」と思いました。

それでは、「資格は面接につよい!」について、お伝えしました。