ミニマリストと仕事

【無理しない!】パートはその都度、条件に合うところでやればいい。

こんにちは、ゆ〜みんです。

今まで、いろんなパートを経験してきました。

その中で思うのが、パートはその時の家庭の状況、体調に合わせてやっていけばいい!ということ。

無理しようとしても、どこかで破綻してしまいます!

私も家庭をもってからは、思うようには働けてないのが現状です。

せっかく慣れてきたのに、やむなくやめなければいけないとか、体調が悪くなるまで無理して働いて、結局破綻してしまう、というようなことがありました。

いずれにせよ、パートは、その都度条件に合うように働くのがベスト!

それこそが、「パート」で働くという、意味合いでもありますしね。

今回は、そんな「パートでの働き方」について、書いていこうと思います。


結論:パートは無理しない

パートでは、そもそも無理しないことです。

パートで働くというのは、例えば、家事や子育てをしながらの、片手間にやることだからです!

自分の思い通りにはできないのがパート

1. 家事

女性は、結婚して主婦ともなると、多くの人は家事をほぼやるようになります。

夫の方は、会社オンリーがほぼ定例ですよね。

たまに、例外的に、「夫が協力的!」という夫婦もみかけますが。でもこれは、日本では、まれのまれ。

私の夫も、例外なく、会社オンリーの人です。

なので、家事一つをとってみても、妻の仕事量はしっかりあります。
そして、それにプラスして、パートをやる!ということですよね。(または、フルタイムで)

そんなの、どうしたって、無理しちゃいけないと思うのです。

だって、まず1つ、家事という仕事を行なっているんですからね。

2. 子育て

結婚して、夫婦だけならともかく、子供が生まれたら、即子育てになります!

子育てって、生まれた直後から、もう戦争のような日常に変わりますよね。

ちなみに、私は3人の子を生んだので、1人増えるたびに、仕事量は2倍、3倍と増えていきました!

そんな子育てをしながら、パートに出るなんて、ほんと至難の技。

うちの子の場合は、3才ずつ年がちがっていますが、私は子育てで19年間みっちり使いました。

人に頼めるわけでもないですし、お金を払って頼んだとしても、その分自分が働いたお金をそのまま渡すようなものです。

ならば、自分で子育てしたほうがいいと、そう思ってやっていました。

また、人に預けるのも、子供がかわいそうかな、とも思いますし。(当時は、そう思っていました)

そんな感じなので、子育てしながらパートというのは、かなりハードルが高いですよね。

また、子供がだいぶん大きくなったとしても、学校の用事や、子供の状況(不調や不登校など)によって、働く状況を余儀なくされます。

なので、私は基本、子育て中のパートは、できるだけ無理しないほうがいい!と思っているのです。

3. 自分の健康状態

子育てや家事に追われて、自分の健康をかえりみることができない主婦は、やがて体の不調を感じることもあるでしょう。

私の場合も、若い頃からあった腰痛が、2人目を育ててるへんから強くなり、整体に通うほどでした。

その後も、思わしくありませんでしたが、そんなふうに、自分の健康状態にも働くことは左右されてきますよね。

また、40代半ばころからは、更年期症状に悩まされる女性も多いかと思います。

さらに、更年期がおわると、女性ホルモンが格段に少なくなるため、あらゆる病気から体を守る機能が低下していきます。

結果、様々な病気が芽をだしてきます。

そんなふうに、自分の健康状態1つとっても、独身時代とは明らかに違うリスクが発生してくるのです。

何が言いたいかというと、決して無理しすぎない!ということです。

家事も、子育ても、やりきった上でのパートです。
さらに無理する必要なんて、まったくないような気がします!

状況に合わせてパートを変える、やめる

上記のように、主婦は夫にくらべ、家庭での仕事がはっきり存在しています。

また、夫のように、「疲れたから休日はお休み」なんていうこともいってられません。結果、無理せざるをえず、刻々と体を蝕んでることすらあるのです。

そう状況を分析していくと、パートで働くというのは、ほぼ余計な労働ですよね。

そういってしまうと、語弊を買ってしまうかもしれませんが、でも、私は主婦の体、労力、メンタル面を考えて言ってるのです。

決して、パートで働くのが悪いとは思っていません。

家庭にいると、社会的にも離れてしまうので、「何か自分も社会的な役割を果たしたい、社会に置き去りにされたくない!」という気持ちもよ〜く分かります。

また、家庭で働くのは、お金という形で還元されないので、パートで働くということに、魅力を感じるはずです。

なので、パートで働くこと自体は、とてもいい面もあると思っています。

けど、忘れてならないのは、自分がきつくないか?ということ。

そこらへんは、家庭の経済状況によると思いますが、夫の収入だけでやりくりできるのであれば、状況に応じて「パートを降りる」という選択も、ありではないかと思います。

まとめ

といことで、以上になります。

結論、私は主婦の味方です!

まぁ、私も主婦をやらなかったら、きっとわからなかったでしょうが、でもだからこそ、主婦である女性たちを応援したいと思うのです。

ずっと独身でいたら、きっと主婦の大変さ、健康の危うさも、知らなかったに違いありません。

主婦になって得られたことも、もちろん多くありますが、それでも、主婦は大変です!また、それだからこそ、偉大ですよね!

最後に、尊敬してやまない世間の主婦の方々には、「決して無理してパートなどの労働まで頑張らなくてもいいですよ!」とお伝えして、おわりにしたいと思います!

それでは。