節約

外出すると脳が疲れて浪費しやすくなる。そうしない手立ては?

こんにちは、ゆ〜みんです。

最近、外出のたびに浪費しやすくなっています。

そこで「外出するとどうして浪費してしまうのか?」について、深掘りして考えてみました。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
先月は浪費がピークでした…

 


外出すると脳が疲れる

外出することで、家にいるより”なんらかの刺激”を受けます。

それがたとえショッピングであったとしても、いろんなモノを目にし続けることや、行き交う人とすれ違うことでストレスは増していきます。

そして脳は次第に、マックス疲労状態になるようです。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
少し疲れたなぁと思うくらいでも、もうかなり疲れているようです

 

脳が疲れると癒されたくなる

脳が疲れると、脳は癒しを求めてきます。

「どこかで座って休みたいなぁ」とか、「何か飲んでリラックスしたい!」などと…

でもこれは、脳が常に最高のパフォーマンスを保つためにプログラムされていること

「多少の我慢くらいしても大丈夫だろう」と思っても、体はいうことをきいてくれないのです。

癒しを得るためお金を使う

癒しを得るためには、ただ座って休憩すればいいようにも思いますが、そこは人間。

様々な商品がある店舗においては、飲み物や食べ物などに目がいってしまいます。

 

それもそうですよね。

とくにモールなんかでは、歩いて行くたびに美味しそうな外食店舗があり、食欲をそそられますからね。

そして、それらによる刺激は、脳に甘い誘惑をもたらします。

結果、脳は癒しを得るため”無料の水”ではなく、「なにか食べ物や飲み物などを買おう!」と指示を出すわけですね。

こうして、外出で脳は疲れ、思ってもみない浪費へとつながっていくのです。

くま田さん
くま田さん
脳の疲れと浪費は関係してるんだね

 

浪費しないための手立ては?

ここまで、外出時の浪費までの流れをおって考えてきましたが、じゃあ、浪費しないためにはどうしたらいいのか?

私が思うに、外出しないのが1番だと言いたいのですが、そういうわけにもいきません。

また、脳が疲れないようにするのも難しいですよね。

なので、結局、脳が疲れる前か、疲れたと思ったら、すぐにお店から退散してしまうのが1番いいのかもしれません。

刺激になる空間から出てしまえば、それ以上、脳はあれこれ要求するのをやめるしかありませんからね。

 

お店には長々といつづけない!

 

これが浪費しないベストな方法であると、ここでは結論づけたいと思います。( ´ ▽ ` )

少し強引な結論ですみません…

くま田さん
くま田さん
これからは、さっさとお店から出ようっと

 

参考になりそうな本

↓浪費に関する、気になる本をあげてみました。

そのお金のムダづかい、やめられます [ 菅原道仁 ]

脳科学の力で無駄遣いがなくなる、お金が貯まる、という画期的な本です!

 

頭の中の貧乏神を追い出す方法 世界一役に立つお金の授業 [ 菅原 道仁 ]

脳のクセを知り尽くした専門家が教えてくれる、

  • 浪費が止まる
  • お金がふえる

 

…という脳科学の本です!

 

くま田さん
くま田さん
どちらの本もよさそう〜