節約

予算を決めても守れない。「浪費脳」から抜け出すには?【後編:対処法】

この記事は、”予算を決めても守れない。「浪費脳」から抜け出すには?” の後編になります。

「その対処法」をお話ししますね。


浪費脳から抜け出すには?

さっそく、見ていきましょう!

まず「浪費脳」についてから…

浪費脳とは

浪費脳とは、私の造語でもありますが、意味は浪費モードから、なかなか抜け出せない状態の脳内のこと。

この「浪費脳」にスイッチが入ってしまうと、私はどうやら浪費パターンに陥るようです!

そして、いったんこの「浪費脳」に陥ると、なかなか抜け出せません。

 

というのも、お金を使うことは、脳にとって快感を得られるからです。

それは、食べることであったり、新しいものを手に入れることや、子供を喜ばせることであったりします。

とにかく、お金を使うという行為は、脳には非常に気持ちがいいことなのです!

だから、なかなかその快感から抜け出せない…

 

もうこれは、麻薬や覚醒剤というようなレベルかもしれません。

完全に、中毒状態を指すものと思われます。

 

ということで、一旦なってしまった「浪費脳」から抜け出すことは、非常に困難。

けど、そんなことばかり言ってても、家計がやばくなってはどうしようもありません。

以下からは、その対策を書いていきます。

浪費脳から抜け出す手立て

これは、私の場合を想定して、その対策を考えています。

私の場合、浪費脳になる原因は4つありました。

  • 子供の要求に対して甘い
  • 消耗品を買う予算立てが難しい
  • 思い出作りのためだと思い、つい外食をしてしまう
  • 一度ハマるとなかなか抜け出せない

以下でその対処法を見ていきましょう。

1. 子供に対して「お金を使うこと以外」で対処する

上記の原因を分析していくと、まず私は、子供に対してお金を使うことで対処しているように思えます。

子供の要求を受け入れる、思い出作りに外食をするなど、お金でもって解決しようとしています。

なので、まずはこの観点を見直すことから始めないといけない、と思いました。

 

子供には何かを買わなくても、違う形でも愛情を与えられます。

それを、「お金をかけないのは愛情がないことだ」とは思わないこと!

わかってはいますが、いつしか私は負い目を感じて、「お金をかけてあげなければ」と思うようになっていたのでした。

 

精神論になってしまいましたが、心の状態はお金に”もろ”反映されます。

子供に対する心のありようから変えていくべきだと、そう思っています。

2. ハマるものは「中毒性がある」ということを知る

”一度ハマるとなかなか抜け出せない” のは、ズバリ「中毒性がある」からです。

また、外食を頻回にするという環境においては、何を食べるかを選ぶ際、どうしても1番ハマってるものを選びがちです。

私の場合、それら2つの要因によって、ハマったものが抜け出せないでいるようです。

 

なので、まず

  • 外食じたいをやめること
  • 中毒性のあるアイスなどを、きっぱり買わないと自分に約束すること!

だと思います。

 

それに、予算をオーバーしてるのだから、もういい加減そうするしかないですよね。

3. 消耗品は単価を低く、持つ数を厳選する

”消耗品を買う予算立てが難しい” のは、そもそも消耗品じたいの単価が高いことと、その数が多いことがあげられます。

なので、できるだけ単価の低い商品を選びつつ、持つ消耗品も厳選して少なくすることです。

単価でいうなら、衣類を買うのは、GUやユニクロで買うとかですかね。

 

数に関しては、下着なら3枚ずつ、上に着る洋服は3枚まで、靴は1足しか持たない、という感じで最低限の数を持つようにします。

ミニマリストであれば、そこらへんは解決すると思います。

けど、家族が多いだけその倍、倍になるので、なかなか消耗品においては、消費をおさえるのが困難な気もしています…

くま田さん
くま田さん
家族がいると大変だね

 

まとめ

予算を守ることは、家計を守ることです。

家計が安泰なら、そこに住む私や家族も、安心して生活を営むことができます。

 

そのためにも、今の「浪費脳」から抜け出す必要はおおいにあり!

上記の3つの対処法で、必ずや予算内で暮らせるよう頑張りたいと思います!

 

それでは、私と同じく「浪費脳」に陥ってる方も、いっしょに頑張っていきましょう〜 !( ´θ`)

 

参考になりそうな本です