ミニマリスト思考

予定を入れないすすめ。空白は心にゆとりをもたらす。

こんにちは、ゆ〜みんです。

予定を入れないようになって、時間がゆっくり流れるようになりました。

けど、以前までは、予定がたくさんあるほうで、1日がすぐに終わってしまうという感じ。

そのスピードは、年々早まっていくばかりでした。

それが、山梨に来てからは、わりと遅くなった感じですね。

でもこれも、予定をほぼ入れないようにしているからだと思うのです。

今回は、「予定を入れないことのメリット」について書いています!


予定を入れないメリット

スケジュール表に、予定をなるべく入れないことで、いくつかのメリットがでてきます!

その中でも1番は、「心に余裕がもたらされること」です。

空白は心に余裕をもたらす

予定がいっぱいのスケジュール表は、見るだけでも、アドレナリンがどんどん出てくるのが自覚できます。

そして、朝からピーンと、心の中が張った感じになりますよね。

私はこの感覚が、かなり嫌いでした。

なんか、ピリピリしてしまい、「自分の任務が終わらない限り、心に余裕なんか持てない!」と思っていました。

でも、予定をなるべく入れなくなったら、これが、心に空白ができるようになったのです!

そして、空白は、心に余裕をもたらしました。

その理由は?

心は空間といっしょです。

空間にも、モノがあふれかえっていたら、雑然としてしまいますよね。

心もそれといっしょで、予定があふれていると、いっぱいいっぱいになって、余裕がなくなってしまいます。

なので、予定をなるべく入れないことが、いいと思うのです!

予定を入れることも大事なのでは?

けど、「予定を入れたほうが、充実した人生を歩めるんじゃないの?」という意見もあると思います。

確かに、しっかり予定管理をすることは、とても大切です。

私も、何かと雑用がある時には、しっかりスケジュール表で管理していますしね。

でも、そういった雑用とは別で、誰かと積極的に会うという予定や、遊びに行く予定などというのは、入れないようにしています。

 

これはもう、人間関係での予定がほとんどですが、人と予定を合わせるのは、ほんと面倒に思います。

家族との予定さえ、面倒に感じる私です。

いつも一緒にいるのに、改めて出かけなければいけないとか、私には余分そのものでしかないのです。

これ、かなり冷たいと思われるかもしれませんが、実際に家族と付き合っていくというのは、日常的なことなので、その頻度も多く、回数もバカになりません。

そこらへんを考えた上で、「なるべく予定は入れないようにしている」というわけなのです。

 

でも、決して出かけないということでもなく、予定を入れてないだけ。

その日になって、「どこか行こうか!」ということになれば、気軽に出かけるようにしていますよ。

つまりは、「とくに要だって、予定を立てなくてもいいのでは?」と思うのです。

ふだんから、に空白だけは作っておきたい、というのが、1番真髄のとこですね。

まとめ

ということで、以上になります。

ミニマリストの私は、ようやくここまで来てしまったようですね。

最初は、空間にある「モノの存在」から意識するようになり、今では、「心の管理」を意識するまでになった感じです。

けど、少しずつミニマリストのステージを上がることで、生き方が楽になってきているのは確か。

今後は、心にフォーカスして、生きやすい生き方を模索していければなぁ、と考えています。

それでは、また。