投資信託

投資信託の窓口の変更はできますよ。新規で申し込む→銘柄の移管→今の特定口座の解約

こんにちは、ゆ〜みんです。

投資信託を始めた場合、途中で他の窓口の方がよさそう、という時があります。

でも、「窓口を変えるなんて、できるんだろうか?」と疑問に思いますよね。結論をいうと、ちゃんとできるんですよ!

なので、未来のためにも、よりよい窓口に変えることを、オススメします!


窓口の変更の流れ

以下に、変更の流れを解説しますね。

新規で申し込む

これから、移りたいなと思う窓口(ネット証券、証券会社、銀行)に、新規の申し込みをします。そして、新たに特定口座というのを作ってもらいます。

最初のこの手続きに、時間がかかるので、1番にやっておきましょう。

こちらが済まないと、次の手続きも進みませんからね。

銘柄の移管手続き

今まで保有していた投資信託を、新しい窓口に移す手続きをします。

現在の窓口で、銘柄を移したいことを言って、移管手続きを申し込みましょう。

後日「投資信託振替依頼書」が送られてくるので、それに必要なことを書いて、持参するか、送ります。

あと、移管する際の手数料が発生するので、その分は別の口座に入れておく感じですね。(あとで、手数料が引かれます。)

そんな風にして、移管手続きは、今の窓口に頼めば、新しい窓口へと手続きを進めてくれるのです。

なお、移管手数料は、その窓口によって変わってきます。

今の特定口座の解約

忘れてならないのが、現在の特定口座の解約です。

銘柄を移したら、あとは口座を保有する必要はありませんからね。なので、解約までしっかりしておくと、あとあと楽ですね。

住所が変わった時など、いちいち変更しなければならないので、とても面倒です。

ポイント:2点

窓口の変更の際に、押さえておきたいポイントを書いておきますね。

NISA口座について

投資信託には、NISA口座と特定口座があります。

特定口座は、いろんな窓口で複数つくることができますが、NISA口座に限っては、一ヶ所でしか保有できません。

なので、複数の窓口になるときは、どの窓口をメインにするか決めて、そこにNISA口座を設置しましょう。

NISA口座は、配当金が非課税になるので、とても貴重な口座です。

銘柄が多くあると、移管手数料もその分かかる

投資信託の銘柄を移管する際、かかる手数料が、銘柄の本数分かかります。

私の場合は1銘柄だったので、数千円ほどですみましたが、数本あると、その数倍かかるので、手数料もかさんできます。

なので、もつ銘柄は、なるべく数をしぼってもったほうが、あとあといいと思いますね。

【不労所得】投資信託を1本化で管理することのメリットこんにちは、ゆ〜みんです。 「不労所得が得られるようになりたい!」と思っている人は、以外と多いと思います。 そんな、不労所得...

 

ということで、以上です。

ちなみに私の場合は、埼玉りそなから、スルガ銀行のネット支店へNISA口座を移し、その後の投資信託は、そのネット支店でやっていました。(手数料がゼロだったので。)

その後、ネット証券である「楽天証券」へと、変えています。

今、投資しているファンド「フィデリティ・Jリート」の購入手数料が、無料なので。(ノーロード)

他にも、松井証券マネックス証券なんかも、ノーロドですね。