断捨離、もち方

体重計は必要だと思っていた間違いに気づく!実質は体型の見た目。

こんにちは、ゆ〜みんです。

毎日、体重計に乗ることを、ノルマとしています。

でも、そんなに意味がないことに、とうとう気づきました。というか、体重を目安にしては間違うということを、認めざるを得なくなったのです。


体重計は必要なかった

私は今まで、いろんな体重計を使ってきました。

それこそ今の体重計は、自分の中では1番スペックの高いもの。

けど、そんな体重計たちをもってしても、自分の望む体型へとは変化を遂げられませんでした…

つまり、体重計は意味がなかったということです。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
体重計に頼りすぎてたとしか言いようがありません

 

その理由

理由は簡単です。

私の望む体型に、なかなか近づかないからです。

たとえ、体重が減ってきたとしても、自分の悩みは解決しませんでした。悩みは多数あり、年々その悩みは、増えていくばかり。

それも、かなり深刻ですね。

くま田さん
くま田さん
理想が高すぎる、っていうのはないの?
ゆ〜みん
ゆ〜みん
いえいえ、ふつうの理想だよ  

 

体重計を信じると誤る

私は体重管理を、健康や体型管理からも、1番大切だと考えていました。

どう考えても、55kgと50kgでは、見た目にも違いが大きいです。そして、身長の割合から考える体重の量は、健康に確実に影響を及ぼします。

肥満や高血圧、糖尿病、脳血管疾患など、肥満は病気の大敵ですからね。

なので、体重管理することが1番大切だと考えるのは、ある意味当然のことだと思います。

けど、実際には、その体重で健康を推しはかることで、かなり誤差が生じることがあります。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
体重だけでは見えてこない部分もあるんです  

 

筋肉と脂肪の割合が大事

体重において見落としがちなのが、筋肉と脂肪の割合です。

同じ体重でも、筋肉の多いひとは、体が引き締まって、見た目にもスリム。お腹もすっきりして、お尻もキュッとあがってることでしょう。

でも、反対に、脂肪の多い人では、体がダランとしていて、お腹はぽっこりか垂れ下がり、お尻はももにつながるような感じに。さらに、二の腕はプヨプヨ…

書いたらきりがないくらいに、脂肪の多い体型では、気になるところが多すぎです

そんな風に、体重が同じでも、筋肉が少ない人は、体型的に悩みを多く抱えています。

ゆ〜みん
ゆ〜みん
筋肉が少ないと下へさがっていくだけです。こわ〜い !

 

体脂肪が測れる体重計はどうなのか?

でも、体重計でもスペックが高いものは、体脂肪率はもとより、筋肉量や骨量、体内年齢だって測定できます。

ならば、「体脂肪などをチェックしていけば、理想の体型になるのではないか?」とも思いますよね。

でも、これができない…

たとえ、体脂肪が減ったとしても、筋肉のしまり具合は変化しません。トレーニングで筋肉をつけて引き締めなければ、ダブったお腹は、結局そのままだからです。

なので、いくら体重計で体脂肪を測定したからって、ただの数字でしかないのです。

現状はそれほど変わりません。

くま田さん
くま田さん
数字だけ見ていてもだめ。筋トレが必要なんだね
ゆ〜みん
ゆ〜みん
そんなわかりきったことに気づいた、愚かな私です…

 

体重計がもたらすデメリット

あと、毎日体重計に乗ることでおこる、デメリットがあります。

それは、「この体重なら安心だよね」といって、筋トレや運動などを怠り続けることです。

体重の数字が自分の安全域だと、「努力しなくてもなんとか大丈夫」、なんてたかをくくってしまうのです。

これは、私だけかもしれませんが、「体重が管理できてるから、運動はいつかやればいいや」、なんてことを考えてしまうのです。

けど、実際はそんなこと全然ないわけで、体型の悩み解決を、どんどん後送りしてしまいます。

そうやって、私は今まで、ズルズルときた感じです…

ゆ〜みん
ゆ〜みん
体重計の数字だけに囚われてはいけない、ということですね

 

結論:体重計は役立たない(私の場合)

ということで、結論は、体重計を持っていても役立たないということ。

自分の体型管理には、体重という数字ではなく、体感で感じる、お腹の引き締まり具合やお尻の上がり具合ということが、重要になってくるのです。

私はここまできて、やっとそのことを、認めることになりました!

まとめ

ということで、今後はもう、体重計の数字には惑わされたくないと思っています!

真摯に自分の体型に向き合って、健康的な、筋肉がきれいについてるプロポーションへと、目指したいと思います。

くま田さん
くま田さん
がんばれ、ゆ〜みん!
ゆ〜みん
ゆ〜みん
最近は少しずつ筋トレ始めてるよ

 

【補足】私は若い頃から腰痛持ちで、その原因は、やはり筋肉不足だったことが考えられます。とくに、高卒後に運動をしなくなってからは、てきめんに筋肉が落ちています。ここ数年では、さらに筋肉量の低下を感じていて、腰痛の悩みがつきません。

 

…でも、すみません。上記は、あくまでも私の意見です。

体重計には、いろいろメリットもあるので、うまく活用していっていただければと思います。

 

一応、いろんな体重計を集めてみました!

タニタ 体組成計インナースキャンデュアル ホワイト RD-903-WH

 

ゆ〜みん
ゆ〜みん
以下が私の使ってる体重計です!

オムロン 体重体組成計  HBF-256T-W

前回値も同時表示されるという、優れもの!

【multifun】体脂肪計 体組成計

14項目も測定できる体重計です!

ドリテック ボディスケール 「グラッセ」  BS-159WT

シンプルに測れる、ガラススタイルのものも〜

筋トレの本も集めてみました!

自重筋トレ100の基本 完全保存版 (エイムック) [ 比嘉一雄 ]

自分の体重を使ってなら、器具などいりませんよね。

はじめてのやせ筋トレ [ とがわ 愛 ]

”やせ筋”に注目した筋トレ本です。

人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる! [ Testosterone ] 

筋トレは人生の悩みをも解決してくれる!とはすごい…

あなたと、あなたの人生を美しく、強くする筋トレのはじめ方 [ 吉川朋孝

人生を美しくするなんて、興味深いです。

 

くま田さん
くま田さん
筋肉をふやして、理想のボディになりましょう〜