ミニマリストと仕事

【働き方改革!】フルタイムでは未来を構想すら難しい

こんにちは、ゆ〜みんです。

最近、週20時間のバイトで、やっと時間的にもゆとりが出てきました。

そこで思うのが、フルタイムでは『未来を構想すら難しい!』ということ。

詳しく、以下に書いていきますね〜。

 


フルタイムは、キツキツ労働…

フルタイムって、その名の通り、週5めいっぱい働くこと。

残る2日間しか、自分の時間がありません。

それも、休日中に、家のことなど済ませる用事なんかも多数…

休養もとりたいし… なんてやってるうちに、残り2日間は過ぎ去っていきます。

そう、1週間のうちフルタイムで働くのは、キツキツ労働しかり、キツキツな生き方になってしまうのです!

 

ハーフタイムは、余裕かなりあり!

フルタイムの対義語で、私が勝手につくった『ハーフタイム』

ハーフタイムでは、労働時間を、週20時間以内に抑えます。

ちょうど今、私がやってる短期バイトの、後半部分ですね。

1カ月目は週40時間、2カ月目は週20時間までという契約の、アパレルでの仕事です。

 

この『ハーフタイム』、精神的にも肉体的にも、かなり余裕があります。

また、当然ながら、時間的にも。

そんな状況下では、さまざまな思考や挑戦も可能です!

十分、未来を構想していく余裕が持てますね〜。(*^^*)

 

フルタイムかハーフタイム、どっちをとるか?

さて、ここからは、究極の選択です。

フルタイムをとるか、ハーフタイムをとるか?

人それぞれでしょうが、私の場合は、いろんな事情で、ハーフタイムをとりました!

そして、結論、これでいいと思っています。(´∀`)

 

ハーフタイムにしてよかったこと

よかったことは、2つです。

① 時間が持てる

1つは、今回のテーマである『未来を構想する時間が持てる』こと!

もうこれは、フルタイムとは雲泥の差ですよね〜。

ふだんは、3時間半〜4時間勤務のあと帰宅するので、遅い昼食をとって、その後はフリーな時間です!

じっくり、いろんな思考を巡らせることができています。

体力的にも、余力が残っていますしね。

お昼寝なんかも、随時できちゃいます!(^o^)

 

② 意図しない時間を、半分にできる

2つ目は、『意図しない仕事にしばられる時間を、半分にできる』から。

私は今、庶民的アパレルで働いていますが、レジ業務なので、もう単純作業そのもの。

それに、お金を扱うので、1円たりとも間違いがあってはなりません。

いろんな要望に対応する必要もありますし、ホント様々なお客さまがいらっしゃるので、心労極まりないです。

ちなみに、昨日は1日業務でした。

ハーフタイムと言っても、週単位で20時間なので、3時間半の日もあれば、8時間勤務の日もあるのです。

けど、正直、1日8時間勤務は萎えます。

単純作業を、ひたすら、8時間ですからね。

頭がヒートアップして、どこかにいっちゃいそうでしたー。

 

でもこれ、仕事にもよると思います。

自分が楽しんでできるもの、創造的なもの、やりがいのある仕事だったら、全然そんなことないでしょう。

単純作業は、ホント精神を荒廃させます。

これは、私の場合だけかもしれませんが…

レジ業務に満足してる方がいたら、ごめんなさい。これは、一個人の意見ですから…

 

ハーフタイムでも暮らせるの?

ここまで見ると、『ハーフタイムで働くメリットがかなりある』と分かります。

けど、問題は、そこで得られる賃金で生活がやっていけるかどうか?

これ、大きな問題ですよね〜。

貯蓄なり、不動産収入なりあれば、なんとかなるでしょうが。

 

また、生活費にかかる金額、にもよるでしょう。

 

ちなみに、私の場合は、1人親の給付金が支給対象であることや、投資信託から得られる配当金によって、生活可能となっています。

また、前年までは少ないパート収入だったので、国保も2人で2,800円、国民年金は申請して『全額免除』。

生活費にいたっては、家賃と通信光熱費、食費もろもろで、極力おさえた生活をしております。(^_^)

ミニマリストなので、食費と最低限の日用品しか買いません。

 

まとめ

ということで、『ハーフタイム』を実践中の私。

そのおかげで、自分の未来を構想する時間が十分持てて、嬉しく思っています〜。

でも、正直、まだこの生活に慣れない部分もあるので、時間を持て余してしまうことも…

その辺は、おいおい工夫していこうと思います。

 

あなたも、働き方、考えてみませんか?

それでは、また〜。(^_-)

 

【適度な労働は大事!】暇すぎても、人間ダメになる...こんにちは、ゆ〜みんです。 人間、仕事で忙し過ぎるのもなんですが、その逆、仕事が少なすぎて、暇すぎるのも難点。 私は今、仕事...