ミニマリスト思考

自立を阻む人は、自立したくない人【依存性が強い人からは離れよう】

こんにちは、ゆ〜みんです。

自立したくて、その準備をしています。

けどそれも、今まで何度となく思って、実行しようとしたのですが、あいなく叶わず…

その原因は、「自立を阻む人の存在」でした。


自立を阻む人は、自立したくない人

自立しようとする人を、邪魔する人、承認しない人は、

「自ら自立を恐れている人」 です。

 

私は、そのために、幾度も自立を阻まれています。

 

自立したくない人=依存性が強い人

依存性の強い人は、人の自立を阻みます。

そして、いつまでも、その人に依存しようと考えます。

それが、意識的であるのか、無意識であるのか、わかりませんが。

けどそれが、自立したい人(パートナーや家族)の足をひっぱります…
航路を断ちます。

 

くま田さん
くま田さん
離れて…!

 

くま田さん
くま田さん
離さないぞ〜〜!

 

このような構図、こわ〜い…

 

依存性が強い人からは離れる勇気を!

そんな依存性の強い人(パートナー、家族)からは、いずれにしても、いつかは離れるべきです。

でないと、一生、依存し続けられます…

とくにそれが、夫なんかの場合、ず〜っと死ぬまで暮らしに影響してきますからね。

離れる勇気は、出したほうが得策です!  いえ、出しましょう〜。

 

けど、もちろん、依存し合うのがいいという人は、離れる必要なんてありませんよ。  それは、それで、幸せなんでしょうから…

 

自立する力は誰もが必要

とはいえ、自立する力は、誰もが必要とする力です。

子供もそうだし、夫婦だって、どちらかが死んだら、一人で生きていかねばなりませんからね。

たとえ、お金があったとしても、自分で暮らしていくだけの生活力(ノウハウ)も必要。

つまりは、人間いずれは一人になるということを、想定する必要があるのです!

 

であるなら、「自立したい!」と思った時が、その時でいいんじゃないでしょうか?

世間の目、親戚の目なんて関係ありません。

だれも、自分の未来の保証なんて、してくれないですからね。

思い切って、自立したい時がきたら、自立しましょう!

 

私もいずれ、必ず、自立します…

 

くま田さん
くま田さん
ゆ〜みんの決意が、感じられる…